2009年12月21日

旧い友からの贈り物

友人Sさんから 父の墓前にと 

百合の花が 届きました

DSCF0763.JPG

思えば 高校の書道部からのお付き合い

東京での大学生活のときも
大学は違ったけれど よく遊んでもらいました   笑

以前 このブログで紹介した角煮は
実は その東京時代に Sさんから教えていただいたもの
我が家では Sさんの名前をいただいて
『〇 〇 〇 ちゃんの角煮』 と名付けられています  笑

Sさんは 本当にパワフルで優しいお母さん
高校時代は 身体が弱かったなんて思えないぐらいで
今は 三人の男の子を立派に育て上げています

私は いつもいつも 相談に乗ってもらい
パワーを分けてもらっています       笑

Sさんの いまは亡きお父様、お母様も
とても優しくて良い方でした

わが娘が生れて間もない時、高熱をだし
訳がわからずパニクッている私に

「みかちゃん、お母さんだったら
浣腸、氷まくら、体温計は、必需品だよ
お母さんが慌てたらだめだよ。」
と やさしく育児のイロハを教えてくださったのは
Sさんのお父様でした

ずうずうしい私が突然遊びに行ってもSさんがいなくても
いつも 快く迎えてくださったのは
Sさんのお母様でした

また ゆっくりと 思い出を語りたいですね









posted by まねきねこ at 14:14| Comment(0) | 介護のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

敬老の日にお彼岸(^_^;)

090921_1056~01.jpg

敬老の日に、お彼岸ですね

早速 初物の我が家の柿を
父にお供え  (^_^)v


母は


敬老の日なのに
私の所には 誰も来ない (`ヘ´)
 ご近所は  誰もいない
(みんな敬老の日で子供達がどこか連れていってると思っている)

と、相変わらず
ぶつぶつ 文句を言ってる  (^_^;)

子供 子供

と 思ってみるが、、
我が儘   嫌み
酷く なってきた

お父さん
あなたは偉かった
posted by まねきねこ at 00:01| Comment(0) | 介護のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

手紙

うちの母は私をタクシーだと思っている

病院に連れて行くと 「ありがとうございました」
と言って、ドアを閉めない (笑)

買い物に連れて行くと 「有難う」
と言って、財布を開けようとする (笑)

足もおぼつかなく、もたもたするようになった

「あの、その」も多くなった

悲しいことも多くあるけど
今は まだ かわいらしいおばあちゃんである

先日、その母をちょと大きな病院(いつものかかりつけの病院でなく、検査に)
に連れて行ったところ、周りは母ぐらいの年の人ばかり

夏休み最後だったせいか、あちこち
「帰省していた娘(息子)が連れてきてくれた」と言う、おばちゃん、おじいちゃんの声ばかり

うれしいんだなあ  

でも、娘さんや息子さんの声は、
なんだか   甲高い 

「そうじゃないって」
「そっちじゃない」

きっと ままならないことたくさんあると思うけど

そんな時  この歌 いいですよ

DSCF0672.JPG

泣けて  泣けて  涙が止まりませんでした




タグ:手紙、介護
posted by まねきねこ at 21:50| Comment(0) | 介護のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。